睡眠時間が短い方 短時間睡眠の方で、寝ても疲れが残る方は、起きている間に体を支えていた筋肉や背骨の疲れが十分にとれないことが考えられますので、十分に体を休めて疲れを溜めないようにしましょう。

夜になると身長が縮んでいるように感じる方

体の縮みが自覚できるほどの方は、日常生活で背骨の椎間板にかなり負担がかかっているのかもしれません。

運動を毎日しているが、喫煙している方

長期間喫煙をしていると、椎間板の変性に影響を与えます。 その状態で激しく運動をすると、運動の種類によっては腰を痛める原因になってしまいます。

パソコンなどデスクワークに長時間集中してしまう方

長時間座っていると腰に負担をかけてしまいます。 長時間座り続けるのは避けて作業の合間やトイレに立つ時に適度に体操をしたり、腰に負担をかけないようにしましょう。

食生活でタンパク質をあまりとらない方

肉類・魚類・乳製品・豆製品に含まれているタンパク質は筋肉の元になります。 ダイエット中の方で野菜中心の食生活をしている方は特に気をつけてバランス良く栄養を摂りましょう。

体をあまり動かさない方

体が疲れるのでじっとしていることが多い方は、血行不良になり、腰を痛める要因になります。 適度に運動をして、運動の後にストレッチなどをして筋肉を軟らかくしましょう。

いつも重い鞄を持っている方

いつも重い鞄を持っていると腰に負担がかかります。 特にいつも片方だけに鞄を持っている方は鞄を軽くして、左右交互にバランス良く持つようにしましょう。

いつもイライラしている人

精神的ストレスが溜まると体にも影響を与え、体の筋肉を緊張させ、腰の筋肉も硬くなります。 体の力を抜いてリラックスさせるように自分をコントロールする練習をしましょう。   ぎっくり腰は様々な要因が重なり合って突然起こります。 季節の変わり目に体調を崩しやすい人は、この夏から秋にかけての季節の変わり目に自律神経が乱れやすいので、血流が悪くなったり、炎症がおこりやすくなります。 ぎっくり腰になる可能性がさらに高くなります。 以上のことに気をつけて、特に体を冷やすと血流が悪くなるので体を冷やさないように気をつけて過ごしましょう。 整体・マッサージ・カイロ・鍼灸・骨盤矯正・耳つぼダイエットは川口市の整体院・リフレッシュハウスIUGへ! http://refreshhouse-iug.com/]]>