などがあります。 過食、過眠、炭水化物の渇望は、典型的なうつ病では出現しくい症状です。 実際、冬季うつ病とまでは行かない方でも、冬になると、いつもより眠りたくなったり、多めに食べたくなったりします。 これは、冬という厳しい季節に立ち向かうために、体がいつもより休息を必要としたり、エネルギーを蓄えようとする自然な活動と考えられています。 冬季うつ病の原因は日照時間の短さに起因すると言われています。 当院で診療していると、うつ病の方にも言えることですが、手足などの体の末端部分が冷たく冷えている方がほとんどです。 体の血液、リンパの循環を鍼灸、マッサージなどで改善するとともに、天気の良い日はなるべく外へ出るようにすることで辛い症状は改善されます。 整体・カイロプラクティック・指圧・骨盤矯正・耳つぼダイエットは川口市の整体院・リフレッシュハウスIUGへ! http://refreshhouse-iug.com/]]>