耳つぼダイエット・整体・鍼灸なら川口市の整体院・IUGへ 鍼灸・整体治療・マッサージ・骨盤矯正などの治療を受けた後、トイレが近くなったり、体がだるくなったり、身体の他の所が痛くなったりすることがあります。 これは「好転反応」(別名:調整反応)と呼ばれ、身体が種々の新しい刺激に対して、反応しているという現れであり、身体が順応するまでの一時的な現象です。 例えるなら、正座をしていいて急に立つと足がしびれますね。 これは足の血行が良くなったためです。 このように身体が本来の状態に戻るための反応であり、それらの反応が現れたということは改善の現れです。 また、好転反応は生活環境や遺伝的な要素により出方は千差万別です。

弛緩反応

ある臓器が本来の機能を回復し始めると他の臓器もそれに合わせて、徐々に本来の活動に回復し始めるので、一時的に各器官同士のアンバランス状態がおきます。 この反応は少し経つと安定してきます。 症状:だるい・眠い・倦怠感

過敏反応

病状が慢性にいる時、病気に対して強力な援助が加わると、慢性の前の急性期の状態に一時的に戻ります。 また、数か所の調子が悪い時、例えば胃、腸、肝臓の3ヵ所の調子が悪い時は一番悪い所に反応が出始め、一番悪い所が改善されると次に悪い所が感じるという風に徐々に出てきます。 この場合、時間をかけて根気よくする必要があります。 症状:便秘・下痢・痛み・腫れ・発汗

排泄反応

身体の解毒作用の現れで、体内の老廃物、疲労物質を分解、排泄する時に出てきます。 汗、尿、便、皮膚に反応が現れます。 症状:吹き出物・発疹・皮膚の変化・眼ヤニ・尿の色の変化など

回復反応

今まで血行の悪くなっていた所が改善され、滞っていた血液が一時的に流れ始める時に現れます。 血液が浄化され、血行が良くなるにつれ調子が良くなります。 症状:発熱・痛み・吐き気・腹痛・だるさ ※好転反応と思われる症状が特にひどく現れたり、長時間にわたる場合は、ご相談ください。]]>