湿度が高いと蒸し暑くなるのでたくさん汗をかきます。 しかも汗がなかなかひかないので、汗が乾燥しません。 汗が乾燥すると皮膚表面の熱が奪われて温度が低下しますが、なかなか乾燥しないため汗腺が開いたままの状態になります。 皮膚表面の温度コントロールがうまくできなくなると身体が冷えたりします。 また、体温をコントロールする自律神経も乱れてきます。 自律神経の乱れは筋肉や末梢の血行が悪くなり、筋肉の硬直などが起こり、元々肩や腰、関節にトラブルのある方は症状が強調されます。 また、クーラーで身体を冷やし過ぎると症状が悪化するので、なるべく身体を冷やさないように注意して、適度な運動で全身の血行を良くして、しっかり水分を補給しましょう。 冷たい飲み物は胃腸を冷やすので注意しましょう。 整体・カイロプラクティック・骨盤矯正・鍼灸・耳つぼダイエットは川口市の整体院・リフレッシュハウスIUGへ! http://refreshhouse-iug.com/]]>