自律神経の乱れが及ぼす悪影響には、男性の更年期障害もあります。 年齢とともに男性ホルモンは減少し、それに加えて自律神経が乱れてしまうと更年期障害になりやすくなります。 更年期障害になると、疲れやすくなったり、不眠や性欲減退などの症状が現れます。 更年期障害というと、60歳位になってから起こるものだと思っている人も多いかもしれませんが、最近では30代など若い人でもこの病気に悩まされている人は多いのです。 症状が悪化する前にご自分でストレスを溜めないように気をつけ、自律神経のバランスを整えるために鍼灸やマッサージなどの治療をうけることが大切です。 整体・カイロプラクティック・耳つぼダイエット・鍼灸・催眠療法(ヒプノセラピー)は川口市の整体院・リフレッシュハウスIUGへ! http://refreshhouse-iug.com/]]>