痛みや発熱、疲れは体が発する警報です。
しかし、痛みや発熱に比べて疲れは無視しがちです。

疲れが溜まってくると慢性化して
休日に休んでも疲れが取れなかったり、
疲れやすくなり、

記憶力や判断力が低下してしまいます。

その状態がさらに続くと自律神経失調症やうつ病など
心の病に結びつくことがあります。

 

疲れは体のだるさ、頭痛、体のコリ、目のかすみや
不眠、動悸、耳鳴りや微熱、イライラなど様々な症状となって現れます。

最近疲れが溜まってきたなと自覚するようになったら、
慢性化して悪化する前に定期的に治療しましょう。

整体・カイロプラクティック・骨盤矯正・耳つぼダイエット・鍼灸は

川口市の整体院・リフレッシュハウスIUGへ!

http://www.iug.jp/