湿疹は数分から数時間で消えますが、人によっては半日から1日くらい続くことがあります。 じんましんにはアレルギー性のものと非アレルギー性のものがあります。 アレルギー性のじんましんの原因は食べ物や動植物です。 これらに含まれるアレルギーの原因物質が体内で異物として認識されると細胞から様々な物質が放出され、皮膚の血管を拡張され、血液中の水分を血管の外に浸み出されるので皮膚が赤くはれます。 そして、同時にかゆみを感じる神経が刺激されるのでかゆみを生じます。 非アレルギー性のじんましんは皮膚への摩擦や圧迫、熱さや寒さなどによって起きます。 また、心身のストレスが原因で、運動や発汗が刺激になってじんましんが出ることがあります。 じんましんの原因が分かっている場合はそれを取り除くことが一番ですが、非アレルギー性のじんましんは根本の原因が分からないことが多いとされます。 非アレルギー性のじんましんは精神的ストレスや不規則な生活習慣などによって自律神経が乱れることで起きます。 アレルギー性のじんましんも体の防御反応が過剰に働いているのが原因です。 じんましんの一般的な治療は、薬物療法は症状を抑えるための対症療法になり、根本的な解決にはならないのでじんましんを何度も再発して慢性化するケースもあります。 鍼灸治療の場合は、発症の元となっている自律神経の乱れ、過剰な体の防衛反応を整えて治療します。 また、当院での治療だけでなく、メンタル面でのケア、食生活から日常動作のアドバイスまで、トータル的なケアをさせていただき、体質の改善を患者さまと一緒に進めていきます。 これは患者さま一人ひとりとじっくり向き合い、その方の体質、心の状態などを見極める東洋医学的治療法だからできることです。 辛い症状は必ず良くなりますよ! 整体・鍼灸・カイロ・骨盤矯正・耳つぼダイエットは川口市の整体院・リフレッシュハウスIUGへ! http://refreshhouse-iug.com/]]>