人間の骨は常に形成と吸収(破壊)を繰り返していますが、年をとると体が弱まってゆき、体の骨をつくる細胞が減少し、骨を壊す破骨細胞が活発になるため、 70才以上の女性や80才以上の男性高齢者はなりやすいです。 それ以外にも、栄養の吸収力が悪いために起る バランスの崩れ、 ビタミンの不足 カルシウムの摂取不足 などがそれに当ります。 例えば牛乳や肉食をしない人、あまり日光に当たらない、 運動量が少なく過労やストレスがたまる人、 煙草やお酒、又はコーヒーをたくさん飲む人は なりやすいので気をつけましょう。 また、長い間病気で寝でいる人、肝臓、腎臓など内分沁の病気がある人、胃の手術を受けた人、及びステロイド剤やホルモン剤、またはある種の利尿剤を長く服用する人も「骨粗鬆症」になりやすいです。 整体・カイロプラクティック・骨盤矯正・耳つぼダイエット・鍼灸は川口市の整体院・リフレッシュハウスIUGへ! http://refreshhouse-iug.com/]]>