・食後は30分から1時間ほど時間を空けて運動する ・息が切れて苦しくなるほどの運動はしない ・息を止めない ・脈拍は220-年齢×0.6から0.8を目安にする ・水分補給はこまめに ・風邪・不整脈・めまいなど不調な時は避ける ・寒さが厳しい日は温かくしたり、室内で運動する ・急激に体を温めたり、冷やしたりする運動はしない 空腹時に運動すると、一時的に不整脈や意識の低下を起こすことがあります。 また、食後すぐは血液が消化のために使われるために消化不良を起こすことがあります。 また、息を止めると交感神経(緊張状態で働く)が働き体が緊張状態になり、疲労回復には逆効果になります。 整体・マッサージ・カイロ・骨盤矯正・鍼灸・耳つぼダイエットは川口市の整体院・リフレッシュハウスIUGへ! http://refreshhouse-iug.com/]]>