原因は肩関節を構成する筋肉が損傷して拘縮(ちぢむこと)し、「肩が痛い」「腕が上がらない」などの症状が現れます。 最初は肩関節の付近が痛み、腕が動かしづらくなります。 放っておけば次第に痛みが強くなって腕を直角以上に挙げられなくなったり、後ろへ動かせなくなったり日常生活にも支障をきたします。 片方の肩が痛むと、もう一方の肩も痛むことが多く、腕がだるく感じたり、しびれたりすることもあります。 五十肩のチェック方法としては ・頭の後ろに手をまわし「髪を結う動作」をしてみる ・手を後ろにまわし「着物の帯を結ぶ動作」をしてみる これらの動作をした時に、動きづらかったり、痛みを感じるときは、五十肩の初期症状かもしれません。 通常冷やしたり、外科治療をして痛みや運動障害が治るまで1年以上かかりますが、鍼灸治療を行うと早く解消します。 整体・鍼灸・カイロプラクティック・耳つぼダイエット・骨盤矯正は川口市の整体院・リフレッシュハウスIUGへ! http://refreshhouse-iug.com/]]>