これらを防ぐために ・薄着を重ね着して体温の変化に応じて脱ぎ着しましょう。 特に首から胴体が冷えないように気をつけ、汗をかいたら体が冷えないうちに着替えましょう。 ・寒い時は水分補給を怠りがちです。 適度に水分を補給して喉の粘膜を保湿しましょう。 ・体が冷えている時は運動前に軽く歩いたり準備体操をして十分に体を温めてケガをしないようにしましょう。 ・運動後は温かい所に移動してストレッチなどを行ってクールダウンを行い、休憩して体を休めましょう。 とても寒い時や体調が優れないときは無理をしないようにしましょう。 また、朝から午前中は気温が低く、高血圧の方は脳卒中や心筋梗塞になる恐れもあります。 気温が高くなる午後から始めるようにして、最初は無理をせず、20分程度の軽い運動から始めましょう。 整体・カイロプラクティック・骨盤矯正・耳つぼダイエット・鍼灸は川口市の整体院・リフレッシュハウスIUGへ! http://refreshhouse-iug.com/]]>