これは室温が高いと室内と屋外の温度の差によって自律神経が乱れ、寒冷に対する抵抗力が弱くなったからです。 冬の室内温度は高くても22度以下が効率よく動ける室温と言われます。 冷え性対策として、室温を上げ過ぎず、上着を重ね着するなどして調節しましょう。 また、皮下脂肪が多いと体は冷えやすくなります。脂肪は体の内側の熱を逃がさない働きがありますが、体が冷えるとなかなか暖まらないという性質があります。 また、脂肪が厚くなるほど血液循環も悪くなってしまいます。 冷え性改善のためにもダイエットをして余分な脂肪を燃焼させましょう。 整体・カイロプラクティック・骨盤矯正・耳つぼダイエット・鍼灸は川口市の整体院・リフレッシュハウスIUGへ! http://refreshhouse-iug.com/]]>