妊娠に伴うホルモン分泌の影響です。 妊娠すると骨盤の靭帯を緩ませ、赤ちゃんがスムーズに降りてくるようにできるように作用するホルモンが分泌されます。 関節を支える靭帯が緩むと体の支えが不安定になり、骨盤の周囲の筋肉が硬く緊張してしまいます。 骨盤の周囲や腰、股関節に関わる関節が不安定になることで腰痛の発症につながります。 そして二つ目はお腹が大きくなることで姿勢が変化して起こる腰痛です。 お腹が大きくなると体の動かし始めに腰痛が出たり、姿勢を維持することが辛くなったりします。 お腹が大きくなると体は重心のバランスを保つために自然に腰を後ろに反らせるような姿勢になります。 そうすると骨盤が歪んで腰を支える筋肉に負荷がかかり、腰痛だけでなく足の付け根やお尻の痛みなどが現れます。 腰痛は妊娠中に起きなくても、産後に現われることもあります。 昔から産後に腹帯をして骨盤を締めることをしますが、骨盤を締めなかったり、正しく締めなかったりすると腰痛だけでなく、産後の体重増加、自律神経の乱れなどを起こします。 腰痛の改善には半身浴をして体を温めて血流を良くすることと骨盤の歪みを正して体のバランスを整えることです。 当院では今、骨盤矯正無料相談会を行っています。 産前・産後の腰痛だけでなく、体の不調、ダイエットなど様々なご相談にお答えしています。 まずはご相談ください! 整体・骨盤矯正・ダイエット・鍼灸・カイロ・マッサージは川口市の整体院・リフレッシュハウスIUGへ! http://refreshhouse-iug.com/]]>