休みの日に遅くまで寝ている人は不眠や抑うつの症状を訴える割合が高く、平日の睡眠時間の短さは抑うつと強く関連しているといいます。 時間が不規則だと熟睡感が得られません。 また、体のリズムが崩れて自律神経が乱れて体を壊します。 休日に寝だめする人はかえって体のリズムを崩すので逆効果です。 平日はなるべく早く床につけるように工夫して休日も普段起きる時間から2時間以上遅くしないようにしましょう。 朝6時から8時ころに起きて陽の光を浴びると体内時計がリセットされます。 休日でもリズムを崩さないようにすごすことが不眠症、抑うつ症状の予防と改善につながります。 整体・鍼灸・カイロ・マッサージ・骨盤矯正・耳つぼダイエットは川口市の整体院・リフレッシュハウスIUGへ! http://refreshhouse-iug.com/]]>