長時間集中してパソコンのモニターを見続けることで目を酷使して眼の筋肉や首のコリが肩まで及ぶことが原因の一つです。 さらに、帰宅してからテレビやパソコンのモニターを見ることで目の疲れが蓄積されて慢性化します。 慢性的な眼精疲労になると、肩や首のコリだけでなく、頭痛や吐き気をもよおしたり、眼のピントが合わなくなるほどになります。 最近はIT化が進み、モニター作業はパソコンだけでなく、DVD、携帯電話、ゲーム、カーナビなどモニターに囲まれて生活しています。 モニターを1時間見続けたら10分ほど休憩するように気をつけて予防することも大切です。 整体・鍼灸・カイロプラクティック・骨盤矯正・耳つぼダイエットは川口市の整体院・リフレッシュハウスIUGへ! http://refreshhouse-iug.com/]]>