今日はリュックを背負う時のポイントをご紹介いたします。 リュックの位置が体の下になると重心が後ろにいくために体が反ります。 体はそれをカバーするために前かがみになってバランスをとろうとします。 そうすると頭が前に出る形になるので首や肩の筋肉が疲労して肩こりになります。 また、荷物が左右どちらかに偏って入っている場合は、リュックが傾いてバランスがとりづらくなります。 そのために姿勢が悪くなったり、片方へ重みがかかります。 リュックが重い場合、前かがみになって体を安定させようとするために頭の位置が前に出やすく、肩や首がこってしまいます。 改善策は ・前かがみにならないように荷物の位置をベルトで調節する ・重量をあまり重くしない ・肩に当たる部分のベルトが細いと肩に食い込んで痛くなることがあるので、ベルトの幅広い物を選ぶ ・肩を回すなどの体操をして、肩の周辺の筋肉の血行を良くする いかがでしょうか?買い物や仕事などでカバンを使ったり、手に荷物を持つことはとても多く、持ち方が悪いと身体のバランスを崩し、身体にかなりの負担をかけることになります。 これまでご紹介した持ち方を参考にして健康にお過ごしください! 整体・カイロ・骨盤矯正・鍼灸・マッサージ・耳つぼダイエットは川口市の整体院・リフレッシュハウスIUGへ! http://refreshhouse-iug.com/]]>