湯の温度は温かいと感じる好みの温度で、身体が温まったと感じるくらいの時間(大体20分ほど)つかるようにしましょう。 また、高齢者や皮膚の弱い人は38から40℃くらいの温度が適温です。 だんだんお湯が冷えてくるので、足し湯をしながら行ってください。 また、汗をかきそうになったら一枚衣服を脱ぎましょう。 汗をかくと体が冷えます。 また、糖尿病の人は、皮膚の温度センサーがうまく働かないことが多いので低温やけどを防ぐために温度計で温度を確かめてから足を湯につけましょう。 足湯から出た後は、足が濡れているとしもやけになりやすいので、指の間までしっかり乾かしましょう。 皮膚が乾燥しやすい人は、膝から下は特に乾燥しやすい所なので、保湿クリームなどで乾燥を防ぎましょう。 整体・耳つぼダイエット・カイロプラクティック・骨盤矯正・指圧・鍼灸は川口市の整体院・リフレッシュハウスIUGへ! http://refreshhouse-iug.com/]]>