私たちの体は食事からとる栄養で作られます。 食が細くなると低タンパク・低エネルギーになり、痩せて免疫力が弱くなります。 加齢とともに食欲は細くなり、運動量も減少します。 タンパク質が不足したり、カルシウムなどのミネラルが不足すると免疫力が落ちたり、骨粗鬆症にかかりやすくなります。 特にタンパク質は免疫に欠かせない栄養素であり筋肉の元です。 少し痩せ気味の方は肉や魚、大豆などをしっかり食べて、脂肪が苦手な方は脂身を取るなどして食べるようにしましょう。 また、気が沈んでいたり、うつ病などの精神的な疲労によって自律神経が乱れると食欲がなくなります。 自律神経のバランスを整えながら、心のストレスを解消することが大切です。 食欲は雰囲気や色合いによっても変わります。 旬の食材や雰囲気を変えたりして食事を楽しむようにしましょう。 骨盤矯正・耳つぼダイエット・整体・カイロプラクティック・鍼灸は川口市の整体院・リフレッシュハウスIUGへ! http://refreshhouse-iug.com/]]>