あなたの身体を根本からヘルシー&リフレッシュ

Blog

ブログ

ドライアイに気をつけましょう

refreshhouseiug 2009年07月31日 

原因はまだ分かっていないことも多くありますが、影響を与える要因がいくつかありますので、 当てはることがあれば、注意しましょう。

自律神経まのコントロール

パソコンのモニターに集中していると、精神的に緊張状態が続きます。 その結果、瞬きをコントロールしている自律神経の働きに影響を与え、瞬きの回数が減ってしまいます。 そのために涙が眼の表面に行き渡らずに乾いてしまいます。

オフィス環境

室内の空気が冷房で乾燥していると、眼が乾きやすくなります。 適度な湿度を保つために加湿器などを設置しましょう。

モニターの配置

モニターを見上げるような位置に設置すると自律神経の働きが悪くなり、瞬き回数の減少や涙の量が減少してしまいます。

コンタクトレンズの影響

コンタクトレンズを常用していると、瞬きの回数が減少するといわれます。

服用薬の影響

降圧剤や精神安定剤の服用をしている方は、涙の分泌量が減少しやすいといわれています。 これらの影響からできるだけ眼を守り、ドライアイを防ぐために、眼の保湿、適度な休憩をして眼の緊張をほぐす、コンタクトレンズもドライアイに留意したものを選ぶなど、ご自身の眼を守りましょう。 整体・カイロプラクティック・耳つぼダイエット・骨盤矯正・鍼灸は川口市の整体院・リフレッシュハウスIUGへ http://refreshhouse-iug.com/]]>

外出の際に気をつけること

refreshhouseiug 2009年07月29日 

日中、特に暑い日の外出は日焼け止めだけでなく、熱中症の予防として帽子をかぶるようにした方がいいと思います。 また、汗をかいて水分不足になりやすいのでペットボトルに水を入れてこまめに水分を補給するなど気をつけましょう。 また、紫外線は曇っている日でも出ています。 紫外線を浴び過ぎると健康を害することもありますので、注意しましょう。 猛暑の時には無理をして日中に散歩やウォーキングをするよりも、できれば陽が落ちて気温が落ち着く頃か、朝早くにするなど、時間をずらして行うほうが体に負担をかけないのでおススメです。 整体・カイロプラクティック・耳つぼダイエット・骨盤矯正・鍼灸は川口市の整体院・リフレッシュハウスIUGへ! http://refreshhouse-iug.com/]]>

姿勢と自然治癒力

refreshhouseiug 2009年07月28日 

http://refreshhouse-iug.com/]]>

甘い物を上手にとりましょう

refreshhouseiug 2009年07月27日 

甘いものを食べても太りにくくするためには以下の方法をお試しください。

食後3時間あける

食べたものが消化されると血糖値が上昇し、インシュリンが分泌され、糖分はエネルギーに変わります。 食後すぐにデザートとして甘いものを食べると食事で血糖値が上昇したところにさらにデザートの血糖も加わり、血糖が過剰になり体脂肪に変わります。 そこで食事の血糖がエネルギーに消費され、血糖値が下がる約3時間後に甘いものを食べれば、余分な血糖はできないために、太りにくくなります。

カロリー控え目なものを選ぶ

イチゴのショートケーキ100gのカロリーは344kcalですが、一個の重さは200g以上あるのでかなりカロリーも多くなります。 洋菓子は乳脂肪の多いバターや生クリームを多く使うので、脂肪分も多くなります。 アンコの原材料である小豆は食物繊維などを多く含んでいるので身体にも良くお菓子ならば洋菓子よりも和菓子の方がカロリーが低いのでお勧めです。 洋菓子を食べる時はカロリーや脂肪分を抑えた食事にしましょう。 また、フルーツはカロリーが低く、ビタミンなどの栄養が多いので生で食べるのがお勧めです。 整体・カイロプラクティック・鍼灸・骨盤矯正・耳つぼダイエットは川口市の整体院・リフレッシュハウスIUGへ! http://refreshhouse-iug.com/]]>

戻り梅雨

refreshhouseiug 2009年07月25日 

先週の梅雨明けから一転して今週に入り梅雨のような天気に戻ってしまったので、身体にも色々な変化が現れやすいので気をつけましょう。 気圧の変化が大きく、湿度が高くなるので、自律神経が乱れがちです。 また、運動不足になりがちなので、代謝が悪くなりがちです。 また、薄着になったり、寒いくらいに冷房をかけることで身体が冷えないように気をつけましょう。 整体・カイロプラクティック・骨盤矯正・鍼灸・耳つぼダイエットは川口市の整体院・リフレッシュハウスIUGへ! http://refreshhouse-iug.com/]]>

夏バテの予防-水分とミネラル-

refreshhouseiug 2009年07月24日 

夏の時期は軽作業でも1日2Lから3Lの汗をかきます。 この体から出る水分を補わなければ頭痛やむくみ、ひどくなれば下痢や嘔吐などの症状が出る時もあります。 それらを予防するためにもしっかりと水分を補給することが大切です。 また汗と一緒にビタミンやミネラルも体から失われます。 水分を補給するだけでなく、ビタミンやミネラルをしっかり摂ることが大切です。 暑い夏は食欲が低下しがちで、麺類など軽いもので済ませてしまいがちですが、酢を使ったり、辛い食べ物は食欲を増進させます。 ナスやキュウリ、トマト、オクラやトウモロコシなどの夏野菜をしっかり摂ることも夏バテ防止になりますよ。 整体・カイロプラクティック・鍼灸・耳つぼダイエット・骨盤矯正は川口市の整体院・リフレッシュハウスIUGへ! http://refreshhouse-iug.com/]]>

夏バテについて-自律神経の乱れ-

refreshhouseiug 2009年07月23日 

http://refreshhouse-iug.com/]]>

指が動かしづらいと感じたら

refreshhouseiug 2009年07月22日 

指の曲げ伸ばしをするのは腱という組織です。 アキレス腱のようなものが手の指にもあります。 腱はさらに腱鞘(けんしょう)という筒の中を通っています。 腱や腱鞘に炎症が起こると、摩擦して指が動かしづらくなります。 そのまま我慢して使い続けると炎症がさらに進みますます指が硬くなります。 原因は ・指の使いすぎ ・ホルモンの影響 ・糖尿病 が挙げられます。 特にホルモンのバランスが崩れる妊娠時や産後、更年期障害以降の女性に起こることが多いです。 指が曲げづらくなったり、伸ばしづらくなってきたら、まずは指をあまり使わないようにすることです。 冷えて血行が悪くなると悪化します。 寝ている時は体温が低下しているため、朝起きると症状が強く出ることがあります。 温めて血行を促しましょう。 朝起きてから手をお湯の中で温めると良いでしょう。 そして早めに鍼灸治療で炎症を抑えてホルモンバランスを整えることが大切です。 また、どうしても仕事や家事などで手を使わなければいけなくなることもあると思います。 ひどくなる前に治療することで、日常生活に支障なく過ごすことができますよ。 整体・カイロプラクティック・耳つぼダイエット・骨盤矯正・鍼灸は川口市の整体院・リフレッシュハウスIUGへ! http://refreshhouse-iug.com/]]>

女性と飲酒

refreshhouseiug 2009年07月21日 

女性は男性よりも短期間で依存症や肝障害を起こしやすく、アルコールの害を受けやすい体質です。 その理由は女性ホルモンがアルコールの分解を阻害するためといわれています。 つまり、女性は本来あまり飲めない体質と言えます。 女性のアルコール依存症を発症する年代として20歳代後半から50歳代の主婦に多いといわれています。 きっかけとして、子育て、家庭内の人間関係、職場の人間関係など心理的要因が多いとされています。 妊娠中の女性が飲酒をすると胎盤を通じて胎内の赤ちゃんにも母体と同じ濃度でアルコールが届くといいます。 妊娠中の飲酒は早産や分娩異常も起こしやすくなります。 また、胎児にも影響を与えて、知能障害、発育障害、奇形、また「胎盤性アルコール症候群」という赤ちゃんが生まれてくる可能性もあります。 妊娠中の飲酒回数が多く、アルコール摂取量が多いほど危険が高まりますので、妊娠中は飲酒はやめましょう。 整体・カイロプラクティック・鍼灸・耳つぼダイエット・骨盤矯正は川口市の整体院・リフレッシュハウスIUGへ! http://refreshhouse-iug.com/]]>

暑い夏を健康に過ごすために

refreshhouseiug 2009年07月20日 

・毎日2時間以上外気に触れる エアコンに頼って夏は冷房、冬は暖房という生活を続けていると、身体の体温調節機能がうまく働かなくなります。 自律神経失調症にもなりやすいので、日が落ちて涼しくなる夕方以降に2時間くらい外気に当たりましょう。 この時間帯に散歩などをして軽い運動をすることも効果的です。 激しい運動によって流れる汗は体温調節にあまり効果がありません。 軽い運動でにじむくらいの汗はすぐに蒸発して体表の熱を奪うので体温調節になります。 ・夏の食事はさっぱりしたものや、そうめんなど喉越しのいい食べ物ばかりになりがちですが、身体の原動力となるタンパク質をしっかりと摂りましょう。 夕食に温かい物や辛いものを食べると体が温まって汗が出ます。 ・この時期は汗を流すだけのシャワーで済ます方がとても多いと思います。 シャワーの後は身体が冷えて冷え性がひどくなったり、腰痛や関節痛のある方は朝痛みが出たりします。 冷え性や腰痛、関節痛などがある方は、入浴で汗をかいて疲労物質を排出して身体の芯から温めることをお勧めします。 水分を沢山摂ると汗の量が増えると思われがちですが、汗と尿で体内の水分調節を行っています。 体内の水分量が満たされていれば、汗よりも尿で水分は排出されます。 上手に汗をかいてこの夏を乗り切りましょう! 整体・鍼灸・骨盤矯正・耳つぼダイエット・カイロプラクティックは川口市の整体院・リフレッシュハウスIUGへ! http://refreshhouse-iug.com/]]>

TOPへ