さらに ・冬は寒いので体が緊張します ・緊張するので交感神経が優位になり、筋肉の働きが悪くなり、疲労しやすくなります。 ・筋肉が硬くなっている時間が長いほど毛細血管や神経、リンパの流れが悪くなります。 ・老廃物が溜まると筋肉が酸欠状態になり、免疫力が低下して痛みが起こります。 ・免疫力が低下すると痛みだけでなく、 風邪などのウィルスにかかりやすくなります。 汗をかくことは体の老廃物を排出する役割もあります。 冬場でも汗を積極的にかいた方が体にとっては重要なことです。 常日頃から体を動かしている方は、体内を発汗させているので、免疫力がたかまっているので、風邪をひきにくいのですが、家にこもりがちな人が久しぶりに外に出て体調を崩すのは免疫力が高まっていないからなのです。 寒い日はどうしても交感神経(緊張している際に働く)が優位になります。 交感神経が過剰に働くと不眠症や痛みに過敏になったり、胃腸の働きが悪くなったりと、あまり体に良くありません。 体を冷やさないように気をつけて、良い汗をかきましょう! 整体・カイロプラクティック・骨盤矯正・耳つぼダイエット・鍼灸は川口市の整体院・リフレッシュハウスIUGへ! http://refreshhouse-iug.com/]]>