手根管症候群の治療には手の平を上にして見える手首の関節の線にあり、手首の2本の腱(長掌筋腱と橈側手根屈筋腱)の間にある「大稜」というつぼに刺鍼すると効果的です。 さらにこの大稜に皮内鍼(ごく細く短い鍼を、皮膚組織内に刺入し、絆創膏などで固定して留置する治療法)が効果的です。 また、手根管症候群の原因ははっきりと特定されておりません。 しかし、根本的な治療法として、身体全体的な自律神経機能の調整が関わっていると考えます。 当院では局所的な治療ではなく、根本的な治療を目的としているので、全身的な広い視野でとらえ、全身の自律神経機能の調整を行います。 それによりさらに効果を発揮し、早い段階で治癒しています。 整体・耳つぼダイエット・カイロプラクティック・骨盤矯正・鍼灸・指圧は川口市の整体院・リフレッシュハウスIUGへ! http://refreshhouse-iug.com/]]>