では、なぜ食事の量を減らすと満足できなくなるのかというと、脳にある満腹中枢が麻痺していることが挙げられます。 満腹になったかどうかの判断は、実は胃ではなく満腹中枢が信号をキャッチして判断します。 過食の日が続くとその量に脳が慣れてしまい、満腹中枢の働きが鈍くなって食べ過ぎてしまうのです。 脳が食事の量に慣れてしまうのです。 麻痺してしまった満腹中枢を元に戻すには、良く噛んで、ゆっくり食べることです。 良く噛んで、味わうことで、満腹中枢にじゅうぶん食べているということを伝えるのです。 食べ過ぎると脳が慣れるように、腹八分に抑えれば脳もその状態に慣れて、無駄な食欲も抑えられます。 整体・耳つぼダイエット・カイロプラクティック・骨盤矯正・鍼灸は川口市の整体院・リフレッシュハウスIUGへ! http://refreshhouse-iug.com/]]>