いきなりお腹に食べ物を入れるより、良く噛んでこれから食べるよという合図を脳や胃腸に伝えてから食べるので胃腸の働きが良くなり消化吸収がアップします。 また、早く食べると、消化のスピードが遅くなり、食べ過ぎる結果につながり肥満を招くことになります。 しかも、食べ過ぎると、消化器官ばかりに血流が長い時間集まるようになり、体のほかの部分の体温を下げてしまいます。 このことは病気の元になってしまいます。 時間がないときは、最初だけよく噛んで食べる、あるいは1日に1回はよく噛んで食べる時間を持つということが 健康に繋がりますよ。 骨盤矯正・耳つぼダイエット・整体・カイロプラクティック・鍼灸は川口市の整体院・リフレッシュハウスIUGへ! http://refreshhouse-iug.com/]]>