あなたの身体を根本からヘルシー&リフレッシュ

Blog

ブログ

簡単にできる冷え取り運動【川口市の整体院・リフレッシュハウスIUG】

refreshhouseiug 2009年02月28日 

ウォーキングが身体に良いと良く言われるのは、このふくらはぎが良く動くので身体の循環が良くなるためです。 ウォーキングがなかなか続かない方でも、このかかと上げ運動なら家事をしている時や、歯磨き、テレビを見ている時など気がついたときにいつでもできます。 また、ご紹介している方法で「まっすぐ立つ」とありますが、パソコン作業をしている時や、事務作業中など椅子に座りながらでもできます。 簡単な運動ですが、毎日気づいたときに続けることで脚の冷え性は改善されます。 整体・耳つぼダイエット・カイロプラクティック・骨盤矯正・鍼灸は川口市の整体院・リフレッシュハウスIUGへ! http://refreshhouse-iug.com/]]>

冷え性-靴下をはいて寝る人-【川口市の整体院・リフレッシュハウスIUG】

refreshhouseiug 2009年02月27日 

冷え性の人が快適に眠るためには、膝から下を温めることです。 そのためには、前にご紹介した湯たんぽを使うことがお勧めです。 電気毛布は身体が乾燥するのでお勧めできません。 また、体の冷えが続いて体の調子が優れない方はぜひ当院へご相談ください! 辛い症状も楽になりますよ! 整体・耳つぼダイエット・鍼灸・骨盤矯正・催眠療法(ヒプノセラピー)は川口市の整体院・リフレッシュハウスIUGへ! http://refreshhouse-iug.com/]]>

男性の冷え性【川口市の整体院・リフレッシュハウスIUG】

refreshhouseiug 2009年02月26日 

自律神経の乱れが及ぼす悪影響には、男性の更年期障害もあります。 年齢とともに男性ホルモンは減少し、それに加えて自律神経が乱れてしまうと更年期障害になりやすくなります。 更年期障害になると、疲れやすくなったり、不眠や性欲減退などの症状が現れます。 更年期障害というと、60歳位になってから起こるものだと思っている人も多いかもしれませんが、最近では30代など若い人でもこの病気に悩まされている人は多いのです。 症状が悪化する前にご自分でストレスを溜めないように気をつけ、自律神経のバランスを整えるために鍼灸やマッサージなどの治療をうけることが大切です。 整体・カイロプラクティック・耳つぼダイエット・鍼灸・催眠療法(ヒプノセラピー)は川口市の整体院・リフレッシュハウスIUGへ! http://refreshhouse-iug.com/]]>

冷え性-自分でできる対策法-【川口市の整体院・リフレッシュハウスIUG】

refreshhouseiug 2009年02月25日 

筋肉は縮んだり、緩んだりすることで熱を産生します。 寒い時に身体が震えるのは、震えることで筋肉が熱を産生して身体を温めようとするからなのです。 やせ型の人や運動不足の人は、筋肉から十分な熱を産生できない、自律神経が乱れている人は血行不良になりがちで、身体の末端まで筋肉が作った熱が行き届かないということです。 また胃腸が弱いと、食べ物からの栄養を十分に身体に取り込めません。 また、夏場の過度な冷房で身体が冷やされることで冷え性になります。 体温が下がると筋肉が思うように動かなくなり、熱の産生能力がさらに低下してしまいます。 身体が冷えることで免疫力が低下して病気にかかりやすくなります。 ご自分が冷え性かどうか判断するには、朝起きたときに腋の下とお腹や太ももの上などの温度差を比べてみましょう。 お腹や太ももの温度が腋の下より低いならば、冷え性の可能性が高いといえます。 ご自宅で冷え性を解消する方法に半身浴や足湯など様々な方法がありますが、寝るときに「湯たんぽ」を使ってでん部や太もも、二の腕を温めると効果的です。 でん部や太ももは筋肉の量が多く、大量の熱を産生するところです。 逆に二の腕はあまり熱が産生されないため、冷えやすいところです。 これらの部分を温めると体全体が温まります。 使い捨てのカイロは熱の産生量が小さいので、湯たんぽの方が効果的です。 身体を冷やさないようにするには、入浴して身体が温まったら早めに寝ることです。 寝冷えしないように薄い肌着を重ね着してからパジャマを着るようにしましょう。 使う布団も、薄い敷布団を使っている人は、敷布団を重ねたり、シーツの下に毛布を敷いたりすることで保温効果が高まります。 電気毛布は身体が乾燥してしまうので、お勧めできません。 冷え性を改善して病気になりにくい体をつくりましょう! 整体・耳つぼダイエット・カイロプラクティック・骨盤矯正・催眠療法(ヒプノセラピー)は川口市の整体院・リフレッシュハウスIUGへ! http://refreshhouse-iug.com/]]>

冷え性の人はむくみやすい!【川口市の整体院・リフレッシュハウスIUG】

refreshhouseiug 2009年02月24日 

またこのむくみを放置しておくと、セルライトという強力な脂肪となり、いくらダイエットをしようともなかなか取る事ができなくなります。 ダイエットをうまくする方法。それは冷え症改善にも繋がります。 整体・耳つぼダイエット・カイロプラクティック・鍼灸・骨盤矯正は川口市の整体院・リフレッシュハウスIUGへ! http://refreshhouse-iug.com/]]>

冷え性-女性に多い原因-【川口市の整体院・リフレッシュハウスIUG】

refreshhouseiug 2009年02月23日 

http://refreshhouse-iug.com/]]>

花粉症と冷え【川口市の整体院・リフレッシュハウスIUG】

refreshhouseiug 2009年02月14日 

身体にとってみれば、身体自身が体内の異物などを体外に出そうとするいい反応なのです。 現在デトックス(毒だし)が流行っていますが、これもそのひとつといえます。 花粉症は特に夏の冷えが原因で起こる事が多い様です。 人間には体のサイクルがあって、春と夏というのは、代謝が活発になり、「毒」を出す季節です。 毛穴が開き、汗をかきたくさんの「毒」を出すのです。 そして秋と冬は毛穴をしめて、「栄養」などをため込む季節となります。 しかし、現代は、夏はクーラーがどこでもきいていて、毛穴が開いて毒を出そうだそうとしているのに汗もかかず、逆に冷えを吸収しやすい体になっているのです。 冬の冷えよりも夏の冷えの方が体の芯まで入ってきてしまうのです。 したがって毒を出そうにも出す事ができずに夏をすごした身体は春になって一斉に毒出しにかかる訳です。 ところが、その春に1年中の「毒」を自分自身の体(汗や便など)では出し切れず、”花粉”という力を借りて、くしゃみや涙や鼻水などで口や鼻や目から毒を出そうとしているのです。 ですから、これはある程度自然のサイクルとも言えるのです。 したがって、夏に身体を冷やさず、温めてあげると春に毒を多く出さなくても、夏にたくさん出してしまう事ができ結果、花粉症の症状は起こらなくなります。 試しに今年の夏はクーラーなどに頼らず、なるべく暖かくして汗をいっぱいかいてみてください。(熱中症にならないように注意してください)翌年の春の花粉症が軽くなるなどの効果が見られる筈です。 身体を冷やす事でいい事はひとつもありません。 冷え性を感じている方は花粉症防止の為にも一刻も早く改善するよう、心がけてください。 整体・耳つぼダイエット・骨盤矯正・カイロプラクティック・鍼灸・指圧は川口市の整体院・リフレッシュハウスIUGへ! http://refreshhouse-iug.com/]]>

足湯の効果2【川口市の整体院・リフレッシュハウスIUG】

refreshhouseiug 2009年02月13日 

湯の温度は温かいと感じる好みの温度で、身体が温まったと感じるくらいの時間(大体20分ほど)つかるようにしましょう。 また、高齢者や皮膚の弱い人は38から40℃くらいの温度が適温です。 だんだんお湯が冷えてくるので、足し湯をしながら行ってください。 また、汗をかきそうになったら一枚衣服を脱ぎましょう。 汗をかくと体が冷えます。 また、糖尿病の人は、皮膚の温度センサーがうまく働かないことが多いので低温やけどを防ぐために温度計で温度を確かめてから足を湯につけましょう。 足湯から出た後は、足が濡れているとしもやけになりやすいので、指の間までしっかり乾かしましょう。 皮膚が乾燥しやすい人は、膝から下は特に乾燥しやすい所なので、保湿クリームなどで乾燥を防ぎましょう。 整体・耳つぼダイエット・カイロプラクティック・骨盤矯正・指圧・鍼灸は川口市の整体院・リフレッシュハウスIUGへ! http://refreshhouse-iug.com/]]>

足湯の効果1【川口市の整体院・リフレッシュハウスIUG】

refreshhouseiug 2009年02月12日 

そこで、足を温めると収縮していた血管が開き、酸素が十分に入った血液が身体をめぐるようになります。 次回は具体的な足湯の方法をご紹介します! 整体・耳つぼダイエット・カイロプラクティック・鍼灸・骨盤矯正・指圧は川口市の整体院・リフレッシュハウスIUGへ! http://refreshhouse-iug.com/]]>

2009.02.11 建国記念日【川口市の整体院・リフレッシュハウスIUG】

refreshhouseiug 2009年02月11日 

http://refreshhouse-iug.com/]]>

TOPへ