あなたの身体を根本からヘルシー&リフレッシュ

Blog

ブログ

朝食を抜くと太りやすい!

refreshhouseiug 2009年03月31日 

身体は元々飢えに対して備えるようにできています。 食事の回数が減って摂取エネルギーが不足すると、食べたときにエネルギーを蓄えようという自衛機能が働き、エネルギー消費量が低下します。 また、朝食を抜くと、後でお腹が減って間食をしたり、夕食に食べ過ぎてしまうことにもなります。 整体・耳つぼダイエット・カイロプラクティック・骨盤矯正・鍼灸は川口市の整体院・リフレッシュハウスIUGへ! http://refreshhouse-iug.com/]]>

体内リズムの調節

refreshhouseiug 2009年03月30日 

また、体内時計は太陽の光によって正しく調節されます。 朝起きたら、まず太陽の光を浴びましょう。 それから、朝食を食べることで体温を上げ、身体目覚めさせます。 バランスのいい食生活をすることで、便秘なども解消されます。   良く眠るためには、夕方、適度な運動をすることで体温が上がり、血行が良くなります。 それから徐々に冷やされて体温が下がり、眠りやすくなります。 ウォーキングなどの少し汗ばむ程度の運動をすると効果的です。 体内リズムを司るメラトニンというホルモンは、暗くなると分泌し始めます。 寝る前には明かりを少し落とすと寝つきが良くなります。 寝室も落ち着いた色合いで整え、湿度と温度の調節をすると快適に眠ることができます。   お風呂の温度は39℃から40℃くらいのぬるめの温度は副交感神経を優位にし、気分をリラックスさせます。 お風呂に入ると血行が良くなるので、ぐっすりと眠れます。 できれば半身浴が効果的です。 整体・カイロプラクティック・耳つぼダイエット・骨盤矯正・鍼灸は川口市の整体院・リフレッシュハウスIUGへ! http://refreshhouse-iug.com/]]>

睡眠と体のリズム

refreshhouseiug 2009年03月28日 

  眠りにはレム睡眠ノンレム睡眠という「身体の眠り」と「心の眠り」という2つの眠りから成り立っています。 ノンレム睡眠は約90分の間隔で繰り返されています。

レム睡眠

・身体の眠り ・眼球が速い速度で動く ・筋肉は弛緩しているが、脳は活発に働いている ・記憶を分別、整理する(夢を見る) ・浅い呼吸で、時々速くなる

ノンレム睡眠

・脳の眠り ・脳の活動は低下、姿勢を保つ筋肉が働いている ・深く規則正しい呼吸 ・汗をかく、成長ホルモンを分泌 ・細胞の新陳代謝を高め、免疫力を増強させる   心地よく眠り朝スッキリと目覚めるためには、寝起きの時間をできるだけ規則正しく保つことが大切です。 整体・耳つぼダイエット・カイロプラクティック・骨盤矯正・鍼灸は川口市の整体院・リフレッシュハウスIUGへ! http://refreshhouse-iug.com/]]>

【川口市の整体院・リフレッシュハウスIUG】水分補給の注意

refreshhouseiug 2009年03月27日 

まず、アルコールは利尿作用が高く、飲んだ以上の水分が尿として排出されるので、水分摂取の目的には適しません。 また、カフェインを多く含むコーヒーなどの飲料も、高い利尿作用があります(麦茶やほうじ茶などはカフェインが少ない)。 そして糖分を多く含むジュース類や清涼飲料水は、糖分の摂りすぎに注意してください。   良く「朝の寝起きは冷たい水を飲むと目が覚める」と言いますが、これは身体によくありません。 寝起きの状態は血圧が低い状態にあります。 このような状態にいきなり冷たい水が入ると血液の流れが急激に速くなることがあります。   お年寄りや血圧が高めの人の場合、心臓への負担が大きくなり、脳梗塞を起こしやすくなります。 寝起きに飲む水は少しぬるめの方が身体に良いのです。 整体・耳つぼダイエット・カイロプラクティック・骨盤矯正・鍼灸は 川口市の整体院・リフレッシュハウスIUGへ! http://refreshhouse-iug.com/]]>

【川口市の整体院・リフレッシュハウスIUG】太りにくい身体づくり

refreshhouseiug 2009年03月26日 

硬い筋肉は血流が悪く、それだけで新陳代謝や基礎代謝を下げ、太りやすく痩せにくい体質になります。 また不健康でもあり、放置しておけば何かしらの障害が出る可能性も高くなります。 筋肉は日々、適度に使わなければ衰退する特性がありますので、1日1、2回のストレッチをする事はお勧めします。 ストレッチの方法は色々あると思いますが、学校の準備体操などでやった事を自宅でやれば良いとおもいます。 また反動をつけずに筋肉を伸ばしていく事を意識して行うと良いでしょう。 整体・耳つぼダイエット・カイロプラクティック・骨盤矯正・鍼灸は川口市の整体院・リフレッシュハウスIUGへ! http://refreshhouse-iug.com/]]>

【川口市の整体院・リフレッシュハウスIUG】水分補給は大切!その2

refreshhouseiug 2009年03月25日 

脳の老化防止!

年齢を重ねるに従い、身体は水分不足の状態になります。 脳も同じで、老化現象となって現れます。

運動時の水分補給はとても重要!

運動時に汗をかくと、身体の水分はどんどん失われます。 水分不足の状態が続くと脱水症状や熱中症になり、危険です。 運動をした時や、下痢をした時などは、意識して水分補給をしましょう。 また、水分バランスを適度に保つことにより、新陳代謝を活発にするので、ダイエットやむくみ防止にも効果的です。

水でダイエット

良く「水太り」という言葉を耳にしますが、水を飲んだからといって太ることはありません。 むしろ太っている人は、身体の水分量が少ないので、水分がとても必要になります。 また、食前に水を飲むと胃液の濃度が下がったり、胃が膨れたりするので、食欲を抑えることができます。 さらに新陳代謝が活発になり、エネルギーの燃焼を助けるので、ダイエットに効果的です。 今日は埼玉もまた肌寒くなりました。 天気もまだまだ安定しない時期が続きます。 水分をしっかりととって、健康な体で毎日を過ごしましょう。 整体・耳つぼダイエット・カイロプラクティック・催眠療法(ヒプノセラピー)は川口市の整体院・リフレッシュハウスIUGへ! http://refreshhouse-iug.com/]]>

水分補給は大切!【川口市の整体院・リフレッシュハウスIUG】

refreshhouseiug 2009年03月24日 

便秘が解消 水を飲むと、便が適度に軟らかくなるので、便通がスムーズになります。 朝コップ1杯の水分補給は、胃腸を活性化させ、便秘の解消になります。  

寝ている間の水分不足に効果的

寝ている間でも呼吸をしたり、汗をかいたりして水分が失われます。 睡眠中の水分のバランスを保つために、寝る前に十分な水分補給が必要です。

ドロドロ血液をサラサラに

身体の中の水分が不足すると、細胞が衰えていきます。 これにより血液がドロドロになります。 ドロドロになった血液は脳梗塞や脳血栓などの血管障害がおこるだけでなく、栄養が全身に行き渡らず、栄養障害になったり、精神的な病気の神経障害になることもあります。 また、免疫力が落ちるので、病気がちになります。 水をたくさん飲むことで、細胞に十分な水が行き渡るので、血液がサラサラになり、身体が健康になります。 整体・耳つぼダイエット・カイロプラクティック・骨盤矯正・催眠療法は川口市の整体院・リフレッシュハウスIUGへ! http://refreshhouse-iug.com/]]>

朝1杯の水を飲もう!【川口市の整体院・リフレッシュハウスIUG】

refreshhouseiug 2009年03月23日 

  これは、水を飲むことで、水に含まれる酸素が脳へと運ばれるためです。 起きたばかりで酸素不足の脳が活発に働き始めます。 特に中高年で動脈硬化気味の人は、就寝前と起床後すぐに水分をとるように心がけましょう。 夜寝る前に水を飲むと夜中にトイレに行く回数が増えるのではないかと心配の方がいらっしゃると思いますが、水分が不足すると尿が濃縮され、膀胱が刺激を受けて逆にトイレが近くなります。 就寝前にコップ一杯の水を飲むことは、尿の濃縮を予防する上でもプラスになります。 水が飲みづらい時は、活性炭でカルキ臭や金属臭を吸着させたり、一度沸騰させて冷まして飲むと、おいしくて安全です。 また、レモンの汁を2、3滴落とすとさらにおいしく飲めますよ。 こうして水を飲む工夫をして、水の摂取を習慣づけることは健康のためにも大切です。 整体・耳つぼダイエット・カイロプラクティック・骨盤矯正・鍼灸は川口市の整体院・リフレッシュハウスIUGへ! http://refreshhouse-iug.com/]]>

低血圧について【川口市の整体院・リフレッシュハウスIUG】

refreshhouseiug 2009年03月21日 

低血圧になると血液が全身にうまく循環しなくなり、細胞に十分な酸素と栄養が供給されずに、身体のエネルギー交換が円滑にできなくなります。 その結果として 「疲れやすい」 「朝、なかなか起きられない」 「午前中は気分がすぐれない」 などということになります。 また、横になった状態から急に立ち上がったり、長時間立ち続けると起こる「起立性低血圧」は血圧が低くなくても起こります。 これは長時間立ち続けている時に血圧が下がり、立ちくらみやめまいなどを起こすためです。 自律神経のうちの交感神経に異常があると、起立性低血圧を起こしやすくなります。

低血圧の人が日常生活で気をつけること

・できるだけ、規則正しい生活を送る (早寝早起きで十分睡眠をとり、過労にならないようにする) ・普段から適度に運動する (朝、布団の中で軽く体の曲げ伸ばしをするだけで全身の血流が良くなります) ・朝食はしっかり摂る (バランスの良い栄養と水分をしっかり摂る) ※最低限牛乳か野菜ジュースを飲むようにしましょう。 低血圧そのものは病気ではありません。 日常生活で注意をしながら、鍼灸などの東洋医学療法を行うことで低血圧や低血圧によって起こる様々な症状は根本的に解消されます。 整体・耳つぼダイエット・カイロプラクティック・骨盤矯正・鍼灸は川口市の整体院・リフレッシュハウスIUGへ! http://refreshhouse-iug.com/]]>

腹痛のいろいろ【川口市の整体院・リフレッシュハウスIUG】

refreshhouseiug 2009年03月19日 

【内臓痛】 胃腸などの消化管などが拡張、伸展、筋肉のけいれん、炎症などの刺激によって起こります。 内臓痛の痛みは、差し込むような痛みであったり、鈍い痛みなどが周期的に起こるのが特徴です。 また、内臓痛の場合は吐き気、嘔吐、発汗、冷や汗、顔面蒼白、血圧低下なども多くみられます。 内臓痛は体位を変えたり、身体を動かしたりすることで、軽減することがあります。   【体性痛】 腸間膜や壁側腹膜、後腹膜などには知覚神経が分布しているため、刺激を痛みと感じます。 体性痛の痛みは、限局的で刺すような痛みで長時間持続するのが特徴です。 炎症性の体性痛の場合は、身体を動かしたり、咳をしたりすると増強します。   【関連痛】 多くは内臓痛の刺激が皮膚に伝わり、皮膚に痛みが引き起こされます。 また、腹部以外に痛みが引き起こされる関連痛を放散痛といい、たとえば、胃の病気で背部痛を訴えたりすることがあります。 腹痛の中でも、緊急を要する場合がありますが、病院で検査をしても異常がみられない場合は、股関節の歪み、ストレスなどによる自律神経の乱れ、体の冷えなどの原因も考えられます。   もし、病院で検査をしてもなんともないのに、調子が悪い時は、まずはご相談ください! 整体・耳つぼダイエット・骨盤矯正・鍼灸・カイロプラクティックは川口市の整体院・リフレッシュハウスIUGへ! http://refreshhouse-iug.com/]]>

TOPへ