原因はまだ分かっていないことも多くありますが、影響を与える要因がいくつかありますので、 当てはることがあれば、注意しましょう。

自律神経まのコントロール

パソコンのモニターに集中していると、精神的に緊張状態が続きます。 その結果、瞬きをコントロールしている自律神経の働きに影響を与え、瞬きの回数が減ってしまいます。 そのために涙が眼の表面に行き渡らずに乾いてしまいます。

オフィス環境

室内の空気が冷房で乾燥していると、眼が乾きやすくなります。 適度な湿度を保つために加湿器などを設置しましょう。

モニターの配置

モニターを見上げるような位置に設置すると自律神経の働きが悪くなり、瞬き回数の減少や涙の量が減少してしまいます。

コンタクトレンズの影響

コンタクトレンズを常用していると、瞬きの回数が減少するといわれます。

服用薬の影響

降圧剤や精神安定剤の服用をしている方は、涙の分泌量が減少しやすいといわれています。 これらの影響からできるだけ眼を守り、ドライアイを防ぐために、眼の保湿、適度な休憩をして眼の緊張をほぐす、コンタクトレンズもドライアイに留意したものを選ぶなど、ご自身の眼を守りましょう。 整体・カイロプラクティック・耳つぼダイエット・骨盤矯正・鍼灸は川口市の整体院・リフレッシュハウスIUGへ http://refreshhouse-iug.com/]]>