体は、たとえば寒いと感じるとまず皮膚からの寒いという感覚が脳に送られます。 そして脳からホルモンや自律神経を介して全身の器官に体温を保つように指令が出されます。 そうすると皮膚は血管が収縮して熱を逃がさないようになり、体内に蓄えられている糖や脂肪を燃やして熱を作り、体温が上昇して寒さを感じないようにして、その温度が一定に保たれるように再び脳から指令が出されます。 体のもつ健康を保とうとする働きを最大限に発揮させるためにはこれからの時期は体を冷やさないようにしっかりと温めることです。 そして、少し寒いと感じたらすぐに体を温められるように上着をカバンの中にしまっておいたり、家の中のほこりをこまめに取り除き、刺激の強い香辛料を控えることです。 そして体に色々な不調となって現われ、自律神経失調症になったら鍼灸や整体治療、リンパマッサージで楽になりますよ。 整体・鍼灸・耳つぼダイエット・カイロ・骨盤矯正は川口市の整体院・リフレッシュハウスIUGへ! http://refreshhouse-iug.com/]]>