呼吸は肺が膨らんだりしぼんだりしているわけではなく、横隔膜や肋骨についている筋肉などの呼吸筋と呼ばれる筋肉が収縮・弛緩を繰り返すことで胸郭が動いて肺が膨らんだり、しぼんだりすることができ、呼吸ができるのです。 年齢とともに筋力は弱くなり、肺の機能は低下します。 そこで呼吸に使う腹筋、胸筋、肩、背部の筋肉を体操などをして鍛えることで肺をサポートして 肺の機能低下を抑えることができます。 整体・カイロプラクティック・鍼灸・骨盤矯正・耳つぼダイエットは川口市の整体院・リフレッシュハウスIUGへ! http://refreshhouse-iug.com/]]>