お風呂に入る時も、いきなり湯船に入ると心臓に負担をかけてしまい、危険です。 まずは手足の心臓から遠いところからお湯をかけて体をお湯にならしてから、湯船に入りましょう。 また、寒いからと言って、お湯の温度を熱くしないようにしましょう。 体感で熱く感じる温度だと、お風呂から上がった時にかえって湯冷めしてしまいます。 40度以下のぬるめのお湯にゆっくりつかって体の芯まで温めましょう。 整体・カイロプラクティック・骨盤矯正・耳つぼダイエット・鍼灸は川口市の整体院・リフレッシュハウスIUGへ! http://refreshhouse-iug.com/]]>