あなたの身体を根本からヘルシー&リフレッシュ

Blog

ブログ

高血圧とカルシウム不足

refreshhouseiug 2009年06月30日 

1.まぶたがけいれんする 2.運動していないのに足がつる 3.物忘れを良くする 4.イライラする 1と2はカルシウム不足による筋肉活動の低下によります。 3と4は脳の神経細胞の働きが低下することによります。 たとえば良くカルシウム不足はイライラするといいますが、カルシウム不足は脳の血液中のカルシウム濃度を高めます。 そうすると脳の神経細胞の働きが悪くなり、イライラするようになります。 カルシウムは日本人に不足している栄養素です。 カルシウムの不足は高血圧だけでなく、骨粗鬆症など骨に関する病気になりやすいので、小魚や牛乳を意識してとりましょう。 整体・骨盤矯正・鍼灸・カイロプラクティック・耳つぼダイエットは川口市の整体院・リフレッシュハウスIUGへ! http://refreshhouse-iug.com/]]>

色が病気に与える効果

refreshhouseiug 2009年06月29日 

http://refreshhouse-iug.com/]]>

色が与える体への影響

refreshhouseiug 2009年06月27日 

http://refreshhouse-iug.com/]]>

色が与える心と体への影響

refreshhouseiug 2009年06月26日 

http://refreshhouse-iug.com/]]>

都市部の人ほど歩いている

refreshhouseiug 2009年06月25日 

http://refreshhouse-iug.com/]]>

肺の機能低下を抑える

refreshhouseiug 2009年06月24日 

呼吸は肺が膨らんだりしぼんだりしているわけではなく、横隔膜や肋骨についている筋肉などの呼吸筋と呼ばれる筋肉が収縮・弛緩を繰り返すことで胸郭が動いて肺が膨らんだり、しぼんだりすることができ、呼吸ができるのです。 年齢とともに筋力は弱くなり、肺の機能は低下します。 そこで呼吸に使う腹筋、胸筋、肩、背部の筋肉を体操などをして鍛えることで肺をサポートして 肺の機能低下を抑えることができます。 整体・カイロプラクティック・鍼灸・骨盤矯正・耳つぼダイエットは川口市の整体院・リフレッシュハウスIUGへ! http://refreshhouse-iug.com/]]>

内臓脂肪は燃焼しやすい

refreshhouseiug 2009年06月23日 

検査の結果からメタボリック・シンドローム、またはその予備軍と言われた場合、どのようにして内臓脂肪を減らせば良いでしょうか? 内臓脂肪は蓄積しやすい一方、運動することで燃焼しやすいという特徴があると言います。 仮にメタボリック・シンドロームまたはその予備軍と言われても、毎日少しずつ運動を続けることで改善に向かいます。 効率よく体の脂肪を燃焼させるためには運動だけでなく、食事の摂取エネルギーも重要になります。 摂取エネルギーを消費エネルギーより抑えて、野菜などバランスよく摂取することが大切です。 また、長時間の勤務、ストレスなども要因になります。 運動と食事、そして休養をbバランスよくとりながら、健康に過ごしましょう。 整体・鍼灸・骨盤矯正・カイロプラクティック・耳つぼダイエットは川口市の整体院・リフレッシュハウスIUGへ! http://refreshhouse-iug.com/]]>

膝の痛み

refreshhouseiug 2009年06月22日 

サメの軟骨やヒアルロン酸などのサプリメントは抗炎症作用があるといわれているので、炎症を和らげて痛みを抑える効果はあるかもしれませんが、すり減った軟骨を再生する働きはなく、根本的な治療に効果はありません。 すり減った軟骨は元には元にはもどりません。 しかし、動かさないでいると軟骨を栄養している関節液から栄養が十分供給されなくなるので、適度に運動することが必要です。 当院では、鍼灸治療と併用して日常生活での歩き方、姿勢から食生活までアドバイスをさせていただき、より効果的に膝の痛みを改善するべく取り組んでいます。 整体・鍼灸・カイロプラクティック・骨盤矯正・耳つぼダイエットは川口市の整体院・リフレッシュハウスIUGへ! http://refreshhouse-iug.com/]]>

骨粗鬆症の予防

refreshhouseiug 2009年06月20日 

運動・日光浴・食生活が大切です。 骨粗鬆症になると骨がスカスカになってもろくなりますが、男性よりも女性の方が骨粗鬆症で骨折しやすいという結果があります。 これはホルモンの影響があり、女性の場合は閉経後から骨密度が低下していくようです。 人間の最大骨量は20歳くらいで頂点に達すると言われます。 治療法であり、予防法でもある日光浴は体内でビタミンDが合成され、カルシウムの吸収を助けます。 直射日光を浴びる必要はなく、木陰に30分程度休んだり、ウォーキングをしたり、窓際にいたりするだけで十分です。 10代のうちはクラブ活動などでしっかりと体を動かすことで自然と骨の形成が促進されます。 10代や20代前半はダイエットをしない方がいいでしょう。 また、運動は通勤やお買い物で歩いたり、テレビを見ながら背筋を伸ばす体操をしたり、日常生活の中で取り入れる方が長く続きます。 食生活としては、カルシウムの多い乳製品、大豆類、小魚類、緑黄色野菜。 カルシウムの吸収を助けるビタミンDを多く含む鮭、さんま、干しシイタケなどに多く含まれます。 整体・耳つぼダイエット・鍼灸・骨盤矯正・カイロプラクティックは川口市の整体院・リフレッシュハウスIUGへ! http://refreshhouse-iug.com/]]>

朝食を食べられない方のために

refreshhouseiug 2009年06月19日 

朝食は一日の生活リズムを作り出します。 朝食を食べて胃腸が働き出すことで、身体全体が活動を始めます。 以前に朝食を抜くと太りやすいということは、ブログの記事の中でご紹介しました。 朝食抜きの悪影響は他にもあり、 ・便秘になりやすい ・集中力が保てなくなる などがあります。 朝食を食べられない方へ以下のことを試してみてください。 ・早寝早起きを心がけ、朝型の生活にしましょう。 できれば休みの日や日曜日は夕食を早めに済ませて早く寝ましょう。 そして次の日に少し早起きして何かお腹に入れてから活動を始めましょう。 ・遅い食事や夕食の食べすぎは朝の食欲減退につながります。 できれば夜9時までには食事を済ませて、それ以降は食べ物を控えましょう。 夜の食事は脂肪分を抑えて、夕食後に軽い運動をしてエネルギー消費を促しましょう。 また、朝食を食べると通勤などの移動中にお腹が痛くなる方は、早めに出勤して職場や職場の近くで朝食をとるようにしましょう。 どうしても朝食を食べられない方は、バナナや野菜ジュースでも口にして、徐々にトースト、コーンフレーク、おにぎり一個と腹もちのいいものをお腹に入れられるようにしましょう。 整体・鍼灸・耳つぼダイエット・カイロプラクティック・骨盤矯正は川口市の整体院・リフレッシュハウスIUGへ! http://refreshhouse-iug.com/]]>

TOPへ